FC2ブログ

baby shoes

09 09, 2019 | Posted in 靴教室

0 Comments
ベビーシューズ、できました。

suga4448.jpg

ピンクと白のベビーシューズです。
マジックベルトの着脱式。
履かせ易く、脱がせ易いのが特徴です。

suga4447.jpg

ご兄弟に娘さんが生まれ、そのお祝いに作られました。
姪っ子さんの為、若き叔父さん、頑張りました。

suga4454.jpg

頑張りすぎて、いろいろと思い出が増えましたが、
それもまた、そのひとなりのストーリーが詰まったクツになっていいものです。

ベビーシューズができた週末、仙台は秋を告げるイベント、
定禅寺ストリートジャズフェスティバルが開催されました。

suga4449.jpg

定禅寺通りを中心に、街のあちこちで音楽が溢れてます。

suga4450.jpg

suga4451.jpg

suga4452.jpg

suga4453.jpg

今年は晴れて暑いなか、いろんなミュージシャンがいろんな音楽を演奏されてました。

仕事のあと、ビール片手にウロウロと、楽しませていただきました。
生の音楽はやっぱりいいですね。
ありがとうございます。


One piece shoe

08 30, 2019 | Posted in 靴教室

0 Comments
靴、できました。

suga4440.jpg

焦茶色の一枚甲の靴。
羽の部分が立ち上がりやすいように、内側に切り返しがあります。

suga4445.jpg

今回で7足目の手作り靴。
娘さん用の靴を作られました。

前回の旦那さん用に続き、家族サービスです。

suga4443.jpg

シンプルな靴なので、履くほどに馴染んでくると思います。

お疲れさまでした。
たくさん履いてもらえるといいです。

leather slippers

08 22, 2019 | Posted in 靴教室

0 Comments
相変わらずスッキリとしない天気が続く仙台です。

そんななか、スリッパできました。

suga4437.jpg

ピンク色の革を使ったスリッパです。

suga4436.jpg

suga4438.jpg

手縫いで作るスリッパ。
靴教室では、靴作りの合間に、自分用やプレゼント用に作られてる方が多くいます。
革を切って穴を明け、手縫いで縫う。
接着剤やミシンを使わず、気軽にできるのも人気の一つです。

こちらのスリッパは、注文靴屋カルツさんがワークショップのために開発されたスリッパです。
靴教室に通われてる方のなかでスリッパを作りたいと声が上がり、
カルツさんの協力を得て、靴教室の時間を利用して作られてます。

この秋、9月からまた、カルツさんのスリッパ・ワークショップが再開されるので、
靴教室に通われてなくともだれでも作ることができますよ。

興味のある方、よかったら、参加してみてください。
詳しくは→カルツHP・スリッパワークショップまで。

moccasin shoes

08 20, 2019 | Posted in 靴教室

0 Comments
お盆休みが過ぎたら、ジメジメと梅雨のような天気の仙台です。
暑くなく過ごしやすいのは助かります。

工房大豆も花が咲き、
今年もなんとか収穫できそうです。
suga4435.jpg

そんななか、というかちょと前、靴、できました。

suga4433.jpg

青いモカシンシューズ。
甲部の金具が特徴的。

モカシンシューズは、前足部を一枚の革で下から包み込み甲部で縫い合わせます。
袋状なので足馴染みがよく、返りもよいです。

suga4428.jpg

suga4434.jpg

今回で2足目の手作り靴。

甲部の金具をつけたいとの希望でした。
運良く、よく行く浅草の材料屋さんに似た物があったので良かったです。

suga4432.jpg

せっかく時間をかけて作るので、
できるだけ希望に添った靴ができるよう、
お手伝いできればと考えてます。

作る靴を考える際、できるかできないかで悩まれる方が多いいです。
なるべくなら、作りたい、履きたい、を基準にしてください。
その後、できるかできないかは一緒に相談して決めましょう。

leather thermos bottle case

08 17, 2019 | Posted in 靴教室

0 Comments
台風も過ぎ、残暑が厳しそうな仙台です。

革の水筒入れができました。

suga4426.jpg

suga4421.jpg

ナチュラルカラーの厚い植物鞣しレザーで作った、手提げの水筒入れ。
経年変化も楽しみです。

suga4420.jpg

市販では、サイズや素材等、気に入ったものがなく、
しかし、どうしても必要なので、じゃあ作っちゃおうということに。
靴作りを一旦中断してのケース作り。

入れる水筒を元にサイズを測り、手縫いで革を組み合わせて作りました。
手提げのベルトはカバンからの再利用、長さも自分好みにカット。

当たり前だけど、ぴったりです。

けど、このぴったり感はなかなか貴重。
入れるものが決まっていて、
さらに使う人と使い方が決まってから作るぴったり感。

suga4427.jpg

手作りだと簡単にできてしまうのが面白いです。

Next Page »

RSS
Plofile
Recent Entries
Calendar&Archive
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

+ Archive
 
Categories
Comment
Truckback
link
 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古へ