FC2ブログ

Balance Care Theory

03 20, 2019 | Posted in Diary

0 Comments
週末、東京でワークショップに参加してきました。

理学療法士でアスレチックトレーナーでもある佐々木克則氏による、
靴の中に入れる中敷、インソールを作るワークショップです。

suga4138.jpg

作るインソールはバランスケアインソールとよばれ、
歩行バランスを整え、それにより身体のバランスを良くし、
問題を解決するインソールです。

今回は、昨年10月に参加したワークショップの続き、セカンドステージ。
フットプリントの活用法や、あらたなパッドの使い方等を学びました。

座学のあとは、受講生同士で模擬実践。
問診したり、フットプリント診たり、歩行を観察し、インソールを入れて変化をみたり。

歩行観察が、なかなか難しい。
組んだ受講生の方に何度も何度も歩いてもらいました。

難しいと感じながらも、インソールをいれると明らかに変化がみてとれ、
自分でも歩行に変化を感じることもでき、インソールの効果を再確認しました。

その変化や効果をきちんと理解し、
履く人の足に適切に活用できるようになりたいと思います。

セミナーのあとは、友人の鍼灸院によって身体のメンテナンス。
鍼をビシビシ刺してもらいました。
体が軽くなったところで、焼肉屋へ。

次の日は靴材料買出しのため、浅草へ。

suga4139.jpg

買い出しに来たら参拝に浅草寺によってるのだけど、
朝から観光のかたたちで物凄いことになってる、と思ったら、
お神輿がやってきた。

suga4140.jpg

どうやら例大祭のようで、それでいつもより人が多いのかもしれない。

東京は仙台に比べ、やっぱりあたたかく、そこここに春の気配が顔をだしてました。

suga4144.jpg

買い出しでは、一通り材料屋さんや革屋さんを巡りつつ、
新しく教えてもらった底材屋さんや材料屋さんも訪問し、
どんどん膨れて重くなるリュックを背負い、問屋街を歩きまわってました。

帰りは上野から新幹線。

suga4143.jpg

二日間、頭と体を使った身、いい感じにビールが沁みます。

one eyelet shoes

03 19, 2019 | Posted in 靴教室

0 Comments
靴、できました。

suga4130.jpg

黒のワンアイレットシューズ。
名前の通り、靴紐を通す穴が一つの靴。
甲の部分があいているのも特徴的。

suga4135.jpg

suga4134.jpg

今回で3足目の手作り靴。

この靴、理由あって、作り始めてから2年近くを経て完成しました。
作る方の事情により、なかなか工房に通えることがてきず、
作業できる日が少なく、出来るまでに時間がかかってしまいました。
靴の材料はそんなにすぐ劣化することはないので、
時間をかけて作っても問題ないです。
それよりも、忙しい中、時間を作って、
工房に通って靴を完成してくれたことに感謝です。
無事にできてよかったです。
履いてみても問題なさそうで、これからの季節、活躍しそうです。

suga4136.jpg

お疲れさまでした。
たくさん履いてください。

balmoral boots

03 15, 2019 | Posted in 靴教室

0 Comments
靴、できました。

suga4124.jpg

焦げ茶色の編上げブーツ。
内羽根式です。

suga4122.jpg

suga4126.jpg

今回で6足目の手作り靴。

いろんなタイプの靴を作りたいとのことで、
毎回違った構造の靴を作られてます。
いつも同じ木型を使って作ってるので、
構造の違いを、履き心地で比べられるのがいいですね。

今回は内羽根の編み上げブーツ。
完成して履こうとしたら、足入れがなかなか大変で、履くのに時間がかかりました。
履いてしまえばフィット感良く、歩きやすいとのことですが、
脱ぎ履きに結構時間がかかりそう。

そこで、しばらく履いてみて、脱ぎ履きがあまりに大変そうなら、
ファスナーを取り付けようとなりました。
靴は道具なので、使う人が使いやすいように手を加えていくのがいいですね。

suga4123.jpg

お疲れさまでした。
たくさん履いてください。

loafers shoes

03 08, 2019 | Posted in 靴教室

0 Comments
靴、できました。

suga4110.jpg

黒のローファーです。
甲のストラップに切れ込みを入れ、
裏革と同じ色を挟んで縫い付けています。

ローファーはスポッと履くタイプで、
甲を押さえる機能が低く、調整機能もないので、
なるべく返りが良い構造に作ります。
中底の前足部を薄い革で裏革と袋状に縫い合わせたり、
底材を軽くしたり等々、ちょっと工夫が必要。

suga4114.jpg

suga4116.jpg

6足目のてづくりクツ。
旦那さんが履く靴を作られました。
今までは自分用に靴を作られてましたが、
今回がはじめて、ほかのひとの為の靴。

今までとはちょっと違った緊張感があったようです。
さらに、旦那さんの足は大きく、木型が入った靴は重く、持つのも大変。
苦労した甲斐あってか、完成した時はとても喜ばれてました。

suga4112.jpg

お疲れさまでした。
たくさん履いてもらって下さい。

次は娘さんの為の靴を作る予定だそうです。

double monk strap shoes

03 04, 2019 | Posted in 靴教室

0 Comments
靴、できました。

suga4106.jpg

黒のダブルモンクストラップシューズ。
裏革に青の豚革を使っています。

モンクストラップシューズは、
美錠留めのストラップを使って、足の甲をホールドするタイプの靴です。
ダブルモンクストラップシューズは文字通り美錠を二つ使ったタイプです。

ストラップシューズを作るとき、甲の高さは人によって全然ちがうので、
ストラップが綺麗におさまるよう角度を調整する必要があります。
これはもう履きながら調整するしかないので、
試作の靴を作って、ストラップの位置をみて、型紙に反映させていきます。

suga4097.jpg

今回で手作り靴は2足目。

左右の足の違いもあり、ストラップが綺麗に収まるよう、
試作をそれぞれの足で何度か作り直しました。

苦労したおかげで、完成した靴を履くと、
ストラップは無理なく自然に甲をホールドしています。

suga4107.jpg

この春4年生になる学生さん。
春からの就職活動に使えそうです。

お疲れさまでした。
たくさん履いてください。

Next Page »

RSS
Plofile
Recent Entries
Calendar&Archive
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ Archive
 
Categories
Comment
Truckback
link
 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古へ