サンダル調整

07 13, 2010 | Posted in 靴調整

0 Comments
仕事で使っていて、足の裏が痛くなるので、なんとかならないでしょうかと、
サンダルをもってこられました。

サンダルは足を覆う部分が少ないので、仕事で一日中履くのには不向きで、
痛くなるようなら履かないほうが良いです。

しかし、履く靴が無いとのコト。
足幅が広くて、最近、売られている靴は足に合わなく、すぐ痛くなる。
それに比べて、このサンダルは、幅が広く、足首にベルトがあって、履きやすい。
けど、最近、履いてると足の裏が痛くなる。

とりあえず、あまり効果がでないかもしれない事を了承して頂き、
調整することになりました。

靴の履き心地を良くするのに、中敷は有効ですけど、
サンダルには、いれられないので、直接、貼り付けてしまいます。

もともと付いている、敷革を剥がして、各種パッドを張り合わせてきます。

resize0403.jpg

なるべく、足裏全体で体重を分散するようにし、
横アーチサポートのパットを入れてみました。

新たに革を張って終了です。

とりあえず、その場で履いたときは調子が良さそう。

あとは、一日履いてどうなるかが心配、様子見です。

ストレッチ

07 06, 2010 | Posted in 靴調整

0 Comments
靴購入時、試し履きは良くても、長時間、履いていると足が痛くなるときがあります。

痛みの原因は様々考えられるのですが、
靴がきついとき、革でできているのなら、伸ばして痛みを和らげます。

少しぐらいの窮屈さなら、履いているうちに足に馴染んできます。

我慢できないくらいの痛さなら、機械に掛けて、強引に伸ばしちゃいます。

resize0391.jpg ストレッチャーマシン。

けど、紐靴やベルトで足の甲を止める機能の無い靴、例えば、履き口の広いパンプスでむやみに広げてしまうと、歩行時、足が前に滑って、靴先の狭い部分に指が押し込まれ、圧迫され、結局、別の痛みを引き起こしかねないので、加減が必要。

歩行時、足が前すべりをしないよう、紐やベルトで甲を抑える靴を選ぶと、足が楽です。

RSS
Plofile
Recent Entries
Calendar&Archive
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ Archive
 
Categories
Comment
Truckback
link
 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古へ