fc2ブログ

靴教室-スリッポン作成記(8)

06 21, 2010 | Posted in 靴教室

0 Comments
靴を作りに来てる人の作業過程を記して、
靴教室の様子を紹介しています。

‐8回目‐

今回は革の裁断。

けど、その前に、靴の履き口周りを手縫いにしたいということで、
型紙に、手縫いの針を通す穴の位置を記します。
それと、踵の補強革「市革」のカタチを決めて型紙をおこしました。

靴教室では、作りたい靴のカタチを決めた後、その靴の型紙はこちらでおこします。
その型紙でフィッティング・シューズを作り、履いてみて、実際に履く靴を作る前に、
好みにあわせて、型紙をアレンジして貰っています。
希望があれば、型紙の作り方も伝えていきたいなと思ってます。

革には伸びやすい方向と、伸びにくい方向があります。
伸び方向を考慮に入れて、無駄が出ないよう、パズルのように型紙をおき、
銀ペンで印をつけて、革裁ち包丁で、革を裁断します。

resize0366.jpg  まずは、裏革の裁断。


resize0367.jpg  resize0368.jpg 

表革の裁断は次回に。

« レザーフェアー 履くと軽い »

0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Plofile
Recent Entries
Calendar&Archive
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ Archive
 
Categories
Comment
Truckback
link
 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古へ