fc2ブログ

外羽作り‐15回目

02 26, 2014 | Posted in 靴教室

0 Comments
靴教室に通ってるひとの作業を記録して、
靴作りの流れを紹介してます。

今回で、靴教室に通いはじめて15回目。
底付け作業に入ります。
靴作りもそろそろ終盤。

まずはグラインダーで、コルクや革を削って底面を整えます。
resize0288_20140226184942e1c.jpg
resize0289_201402261849443fb.jpg

底材を貼る準備ができたら底材を切り出します。
工房にある底材は、合成ゴム、スポンジ、革の三種類があります。
それぞれ特徴があって、
履く人の好み、用途にあわせて、選んでもらってます。

今回、革をチョイス。
resize0290_201402261849457bc.jpg

切り出した革に、接着しやすいようクセを付けて、
接着剤を靴と底材の貼る面に塗ります。

よ~く接着剤を乾かします。
乾かしてる間、ヒールの材料を切り出したりして時間を使い、
乾いたら、圧着機でギュゥッと接着。
resize0292_20140226184939aa9.jpg

靴製法とは、おおまかにいうと靴底の付け方です。
いろんな靴底のつけ方があります。
今回の靴底の付け方は、接着剤でつけるセメンテッドと呼ばれています。
このあと、靴底にキリで糸を通す穴を開けて中底と縫えば、マッケイです。
接着で十分だけど、時々底材がはがれやすい場合もあります。
その時はマッケイします。

resize0293_20140226184941186.jpg
今回はここで時間となりました。

ずいぶんと靴らしくなってきた。

« Asymmetry スキーヤー授業 »

0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Plofile
Recent Entries
Calendar&Archive
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ Archive
 
Categories
Comment
Truckback
link
 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古へ