fc2ブログ

hand sewn welted

07 13, 2017 | Posted in 靴教室

0 Comments

suga3146.jpg

縁あって、仙台の靴職人の方に来ていただき、
手縫いで靴底をつける会が催されました。

半世紀以上、靴職人として腕をふるい、
今でも靴屋を営んでる方です。

まだ強力な接着剤がない時代、靴底は縫い付けるしかなく、
いろんな技が生み出されたようです。

興味のある人たちが各々アッパーを作って集まり、
職人さんを中心に当時の貴重な話を聞きながら、
ワイワイと手を動かしました。

今回は出し縫い、ヒールの積上げ、仕上げでした。

suga3148.jpg

suga3149.jpg

suga3147.jpg

suga3156.jpg

suga3157.jpg

suga3155.jpg

suga3151.jpg

suga3152.jpg

suga3153.jpg


機械も使わず、接着剤もあまり使わず、
なかなかエコで、地球にやさしい。
けどその分、人の担う役割が大きくなり、技術が必要です。
早く綺麗に作るには、相応の修行が必要です。
修行を経て、一人前の靴職人として、
長きに渡り仕事をしてきた方の技術を間近で見られるのは、
とても幸運なことでした。
ひとつひとつの動きはとても力強く、洗練されてます。

慣れないと、時間ばかりが過ぎてしまうけど、
自分の履く靴にじっくり向き合うのもいいものです。

« slip-on shoes leather thong sandals »

0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Plofile
Recent Entries
Calendar&Archive
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ Archive
 
Categories
Comment
Truckback
link
 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 習い事・お稽古へ